S君からまた寝たいと貸出しリピートのメール


S君と初3Pから1ヶ月くらいたってから、彼女を抱きたいとリピートのメールが届いた。
「S君、したいって」
「してきなよ」
「え?3Pじゃないの?」
「今度は二人っきりでしてくれば~同じような専攻の大学だから話も合うでしょう」
「いいの?」
「二人でデートしたくないの?」
「したいけど、エッチだけじゃない?」



「エッチしてもっと、仲良くなりたくないの?」
「私がS君好きになっちゃうかもよ」
「その不安はまったくないとは言わないが、二人を信じてるしね。」
「本当にいいの?」
「今回は元カレの時のような実況中継メールがほしい気分、沢山嫉妬させてくれるかい。S君ならメールしやすいでしょう」
「あ、そうだね。いっぱいメールするね」
私がS君にメール
「彼女誘ってくれてありがとう!3Pがいい?二人で彼女独占がいい?」
S君
「二人きりでお願いできますか?」
「了解」
彼女に、
「S君も二人きりがいいってさ」
「私の事好きなのかしら・・・」と少し笑み。
「気持ちいいからな。抱き心地、わかる人にはわかるよ」
ちょっと気分上々の顔をする。
「S君のアレ思い出すと、ココうずくんじゃない。
彼女のスカートめくり少し触りました。

「あ、気持ちよくなっちゃう」
私は私でその日が楽しみでワクワクです。
また、あの元カレと彼女との生のセックス中継がメールで来るのが楽しみです。
日にちや時間等は二人に任せました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です