妻が寝取られて欲しいと思う欲望が夫婦の危機を救った


皮肉なもんですね~妻が寝取られて欲しいという欲望で妻が隠れて浮気をする事までなり夫婦の危機を迎えましたが、散々怒鳴り散らし修羅場をくぐり抜けた後は時間の経過とともに、妻はどんな風に抱かれていたんだろう?

妻はどんな事をしてあげてたんだろう?

2人は抱き合って寝てたのだろうか?

などなど妻が浮気していた時を思い浮かべ嫉妬し、興奮してきてる自分がいました。

 

怒りや悲しみ、憎悪などの感情と、妻が寝取られて欲しいと思う欲望が強い為に、嫉妬と興奮の感情とが半々のトゥフェイスに変わってきてたんです。

 

修羅場期間は、妻とまともに会話なんかしてません。

必要最初限度しか私は話しませんでした。

妻は毎日のように「りゅういちと離れたくないの~許してください」と涙目で迫ってきてましたが・・

無視。

 

でも今は別れるのは得策でないと判断した私は、

これからも妻を殆ど無視し続ける事は不可能です。

そんなつまらない生活はしたくありません。

 

 

要するに私が妻の嘘を目をつぶって暮らせるか?

許す事ができるか?が焦点でした。

 

 

でも・・

さすがにここまで嘘をつき通され、

不誠実な詫びで、怒りと憎しみの感情が絶大すぎて・・・

 

時間は過ぎて冷静にはなりましたが、問題の解決にはなってない。

何とか自分の感情が前のように妻に対して優しい気持ちというか妻を思えるようになるにはどうしたらいいか?

 

それが、

浮気の事実を見て、妻のアヘ顔を想像して嫉妬と興奮で薄れていく事に気が付いたんです。

 

凄いなぁ~妻が寝取られて欲しいと思う欲望で間違いが起こったのに・・・

妻が寝取られて欲しいと思う欲望で、怒りや憎しみが薄らいでいったんです。

 

毎日のように、

「りゅういちと離れたくないの~許してください」と涙目で迫ってくる妻に対して、

「俺を毎日お前とW君とのエッチ話やラブラブ話を聞かせて立たせて抜く事ができたら、気が収まるかも」と話しました。

「うん。わかった」

 

それから毎日話してもらい、口やアソコで抜いてもらい、今があります。

色々話された事で妻の思いや彼にのめり込んでしまった当時の感情や背景もわかってきました。

 

寝取られの力って絶大だなぁ~。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です